包茎手術で男の自信を取り戻す|評判の良いクリニック選び

悩みを解決する方法

男性

日本人は世界でも包茎の割合が多いと言われています。海外の中には生まれた時に割礼の儀式があるため、包茎手術をする人が少ないところもあります。下半身はプライベートな悩みですし、家族や友達に相談できないこともあるでしょう。

包茎は大きく分けて4つのタイプに分類されます。1つ目は「真性タイプ」です。平常時や勃起時に関わらず常に皮で亀頭が覆われている状態となります。亀頭の成長が邪魔されてしまうこともあります。2つ目は「仮性タイプ」です。包茎の中でも割合が多いものと言われています。平常時は皮が被った状態となりますが、勃起時は皮が剥けるものになります。3つ目は「カントンタイプ」です。勃起をしていない時は皮を剥くことで亀頭を出すことができますが、無理に行ってしまうと元に戻ることがないため、結果亀頭が締め付けられてしまう可能性があるので注意が必要です。4つ目は「埋没タイプ」です。肥満体型の人がなりやすいと言われており、特にお腹周りの脂肪が多い人はそこにペニスが隠れてしまい、小さく見えてしまいます。

このように、一口で包茎と言ってもいろいろなタイプに分かれてくるので、適切な包茎手術が必要となります。日本では病院や専門クリニックで包茎手術を受けることができますが、専門クリニックでは見た目に配慮して、傷跡がつかない包茎手術が行えるところもあります。そのため、希望に合わせた包茎手術を受けることができるでしょう。